読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不惑草紙

編集者、ライター。紙とネット、リアルとバーチャルを行き来する日々のあれこれ。

東京で食べられる名古屋の老舗味噌煮込みうどんー 山本屋総本家は秋葉原と人形町にもある

 

関東などから名古屋に出張に行くサラリーマンがよく立ち寄る山本屋総本家。実は都内に2軒あることは意外と知られていない。ちゃんと山本屋総本家のウェブサイトに載っているのに、である。ちなみに「山本屋本店」という味噌煮込みうどんで有名な店もあるが、全くの別物。

 

↓ 以下参照

matome.naver.jp


なぜこんなにも知られていないかというと、場所がとても分かりにくい。まず、「山本屋総本家 神田和泉店」。神田にあるかと思いきや、秋葉原の外れにある。凸版印刷本社のすぐそばという説明しか思い浮かばない。これも都内で外回りをしている営業マンしかピンとこないだろう

 

 

もう一つの「山本屋総本家 人形町店」。人形町と言っておきながら住所は日本橋堀留町(ほりどめちょう)。炎上する前の旧吉原があったところの近くだ。地下鉄人形町駅人形町交差店付近で降りて、銀座通りという大通りを三越前方面に向かって数十メートル行って、もつ焼きカミヤの角を右に曲がり、小道を100メートルぐらい進んだ右手にひっそりと佇む。この説明で分かる人はかなりの日本橋通だ。

 

 

おそらく、東京でも有名な銀座や三越前などに店を出してしまうと「なんだ、東京でも食べられるんだったら、わざわざ名古屋に行ったときに食わなくてもいいや」という出張者が続出するからであろう。ただし、凸版印刷という超有名企業の本社近くに出店していれば、そこに出入りしている無数の取引会社に知られるリスクが高い。その辺は謎である。

 

 

いずれにしても名古屋の老舗味噌煮込みうどん屋さんは東京にもある。声を大にし
て、という程のことでもないが、書き残しておくことに。。