読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不惑草紙

編集者、ライター。紙とネット、リアルとバーチャルを行き来する日々のあれこれ。

ジェイソン・ステイサムがスティーブン・セガール化している件


運び屋、殺し屋、元刑事、犯罪者など、裏社会に生きるマッチョな男をやらせたらハマり役のジェイソン・ステイサム。銃、ナイフ、バット、ありとあらゆる武器を使い回し、悪者をボコボコにするナイスミドル。おまけに車の運転が超うまい。電話で「いまからそっちに行くっ」と凄まれたら、死を覚悟しなければならない。喧嘩はめっぽう強いのに、女には優しい。そんな彼の主演作品はほとんど観ている。


テレビのインタビューで「俺なんか、ただの禿げたおっさんさ」などと謙遜していたが、猫背に見えてしまうほど発達した広背筋とストレートがフックにならない程度に隆起した大胸筋。元水泳の飛び込み選手だったとあって、芯がブレない体幹の強さ。中年男の憧れの的である。シュワちゃんやスタローンなど現実離れした風貌のアクション俳優よりも、リアリティがある。


最近、そんなジェイソン兄貴がスティーブン・セガール化しているのではないかという疑念が渦巻いてきた。昨年末の映画専門チャンネル「ムービープラス」が延々とジェイソンの映画を流していた。しかもムービープラスのあおりが凄い。「ジェイソン・ステイサムと年越し!大晦日に出演作13本をノンストップで放送」。サザンと、ではなくジェイソンと、である。


ムービープラスはよく「沈黙の…」シリーズで知られる、スティーブン・セガール主演作の一挙放映をやっている。それもかなりの頻度だ。内容がどれも似ており、最終的には悪者を格闘技で痛めつけてやっつけるという勧善懲悪。安定感抜群である。ジェイソン作品も、主人公の身分や状況設定が変わる以外は、基本的に敵をやっつけておしまい。アクションが全くない映画も無くはないが、人を三人くらいは痛めつけておかないと、演技派では無いので、観客が寝てしまう。


このままでは、マズい。スティーブンセガール化を防ぐ手立てを講じなければならない。






 

ダンディハウスのCMにイラっと来るのはなぜか。

 

ケーブルテレビで海外ドラマや映画、スポーツ番組の合間に、嫌という程流れるニキビケアのCMに勝るとも劣らないのが、ダンディハウスのCM。グループ解散騒動の「主犯者」とされるあの方が主演するアレ。近頃は民放でも見かけるようになった。伊勢谷友介氏のように炎上すると怖い。ライオンハートならぬ「チキンハート」なので、あえて名前は伏せさせて頂く。 

 

両CMともなぜか人をイラつかせる雰囲気を醸し出しているが、エステの方が一段と不快な気にさせてくれる。あの音楽、スポーツジムをディするような「筋トレなんかするよりエステでしょ」みたいな上から目線。何より、観ていて「お前みたいに格好よくねえから、どうせ脱毛したり肌つるつるにしたってどうにもなんねえよ」感が湧いてくる。


歳も歳になってくると、「若く見られたい」とか、「今時のアイドルみたいにシュッとしたい」とかいう願望がほぼ皆無になってくる。信じられないほど長い鼻毛や耳毛が伸びているのを妻に発見されてゲラゲラ笑われたり、無駄に毛深くなってきたり。加齢臭も時間の問題だ。手足を長くすることも、頭を小さくすることもできない。そもそも老化は避けられない。

 


世のオッさん達は大概、エステに行く暇も金もない。大体エステに行く金があったら形成外科に行く。頭蓋骨を削って頭を小さくし顎のエラを無くして親知らずを4本抜いて、小顔にした筈だ。いつだったか、顔面を骨折してレントゲンを撮ったら、医者に「いやあ、頭蓋骨が普通の人より厚いですよ」と言われたことがある。高校から社会人までラグビーをしていたが、脳しんとうで記憶を失ったのは一回だけだったことに合点がいった。少しくらい骨を削っても平気だろう。マークハントというK-1などで活躍した総合格闘家も、頭蓋骨の厚みが常人の2倍あると言っていた。


だからって、オヤジ狩りは勘弁だ。

 

とにかく、見てくれを今風の若者に近づけるのは無理。髪型だけ、今風の変な刈り上げ頭にしている中年サラリーマンを見かけると、痛々しい。ありのままを受け入れ、最低限のむだ毛は処理して、清潔に保っていればいいじゃないか。髪が薄いのも脂肪が乗ってもっちり肌になるのもそれはそれで味があっていい。


人を不快にさせることなく、どこかユーモアと哀愁が漂うオッさんになりたい。






寒いので暖房について真剣に考えてみた。

 

ここ数年、冬場もリビングのエアコン1台でしのいでいる。うちは比較的気密度が高く、窓もそれなりに断熱性があるので、やせ我慢しているという訳でもない。とはいえ、ここのところの寒さはさすがにこたえる。

 

ここ数年いろいろ暖房器具について考えてきたが、どれも一長一短がある。オイルヒーターは電気代が高いし、急に部屋を暖めることができない。輻射熱電気ヒーターというのもあるらしいが、聞いたこともないメーカーが多く、いまいち信用できない。パワーがあるのはガスファンヒーターやペレットストーブだろうが、家に穴を明けて排気口を付けなければならないので工事が必要だ。

 

そこでたどり着いたのが、蓄熱暖房だ。しかも、冬の太陽光を利用した究極とも言えるエコ暖房。いろいろ調べてみると、既にハウスメーカーや環境意識高い系の工務店などが「なんちゃらソーラー」みたいなシステムを開発している。太陽光をレンガなどに蓄熱する原始的な方法もある。太陽光から得られる熱を蓄熱財にためておき、徐々に放出していけば体に優しい暖房になりそうだ。 

 

課題は高効率の蓄熱材選びと、太陽光をいかに効率よく集めるかーの2点に絞られる。太陽光を虫眼鏡に透過させて黒い色紙の一点に集中させると、燃え出す原理を応用した集光装置。これをを屋外に設置。あとはその熱を床下に敷き詰めた蓄熱財に送り込めばよい。問題の蓄熱財だが、石油由来のパラフィン系が今のところ有望だ。(ステマではありません) 

例えば

www.noe.jx-group.co.jp


氷を溶かすのと逆の原理で、冷めるときに熱を放出らしい。ただ、これを住居用に使っている例は見当たらない。どこかの大学とハウスメーカーが、こうした蓄熱財と太陽熱を利用した暖房システムを開発してほしい。

 

ここまで書くと、「太陽光発電でエアコンや電気ストーブ動かせばいいじゃん」という突っ込みが入りそうなので一言。今、家庭用で最も効率が良いとされている太陽光パネル(液晶)は、シリコン系の単結晶で24%くらいと言われています。パナソニック製や、東芝企業から仕入れて自社ブランドとして展開している製品。平たくいうと太陽光エネルギーを24%電気エネルギーに変えて、残り76%は捨てているということ。これって、あまり効率的とは言えない。太陽エネルギーを単純に熱として蓄えれば、もっと効率がよくなるのではないか。シンプル イズ ベスト。素人考えだが、もう何年も考えている。

 

 

東京で食べられる名古屋の老舗味噌煮込みうどんー 山本屋総本家は秋葉原と人形町にもある

 

関東などから名古屋に出張に行くサラリーマンがよく立ち寄る山本屋総本家。実は都内に2軒あることは意外と知られていない。ちゃんと山本屋総本家のウェブサイトに載っているのに、である。ちなみに「山本屋本店」という味噌煮込みうどんで有名な店もあるが、全くの別物。

 

↓ 以下参照

matome.naver.jp


なぜこんなにも知られていないかというと、場所がとても分かりにくい。まず、「山本屋総本家 神田和泉店」。神田にあるかと思いきや、秋葉原の外れにある。凸版印刷本社のすぐそばという説明しか思い浮かばない。これも都内で外回りをしている営業マンしかピンとこないだろう

 

 

もう一つの「山本屋総本家 人形町店」。人形町と言っておきながら住所は日本橋堀留町(ほりどめちょう)。炎上する前の旧吉原があったところの近くだ。地下鉄人形町駅人形町交差店付近で降りて、銀座通りという大通りを三越前方面に向かって数十メートル行って、もつ焼きカミヤの角を右に曲がり、小道を100メートルぐらい進んだ右手にひっそりと佇む。この説明で分かる人はかなりの日本橋通だ。

 

 

おそらく、東京でも有名な銀座や三越前などに店を出してしまうと「なんだ、東京でも食べられるんだったら、わざわざ名古屋に行ったときに食わなくてもいいや」という出張者が続出するからであろう。ただし、凸版印刷という超有名企業の本社近くに出店していれば、そこに出入りしている無数の取引会社に知られるリスクが高い。その辺は謎である。

 

 

いずれにしても名古屋の老舗味噌煮込みうどん屋さんは東京にもある。声を大にし
て、という程のことでもないが、書き残しておくことに。。

 

 

座して半畳、寝て一畳

 

日本中強烈な寒波に襲われている。沖縄では明日、雪が降る可能性もあるらしい。

 

www.tenki.jp

 

最近電車に乗っていると、急に大きなくしゃみをするおっさんや咳き込む人が必ず周りにいる。今日は兜町の道路端で靴紐が解けしゃがみ込んで結び直していたら、向こうから歩いて来たサラリーマンふぜいが、すれ違う少し手前で「ビャックション」。つばきが頭にかかるような勢いだった。都会は一瞬でも気を抜くと危険だ。周囲の警戒を怠ったことを激しく後悔した。

 

冬といえば家の暖房はエアコンなので、間仕切りなしのリビングダイニングから離れられない。3畳ほどの書斎用の部屋があるにはあるが、この部屋はエアコンがないので電気ストーブでは少し寒い。しかも閉所恐怖症なので、ドアは開けっ放しだ。この冬はブログやウェブサイトの更新は専らダイニングテーブルでやるようになった。長年大部屋で常に人が大勢出入りして、テレビは付けっぱなし、電話は鳴りまくりの環境で仕事をしていたせいか、広いリビングで雑音がする方が仕事に集中できる。



人間は座して半畳、寝て一畳あれば生きていけると言うが、家というのは部屋をいくつも作るよりも家族が一つの空間に集まって暮らす方が快適だろう。それに、冷暖房は一つで済むので電気代やエネルギーの節約になる。家計にも地球にも優しい。



この土日もリビングダイニング中心の生活になりそうだ



 

デジタル断捨離

 

気がついたらパソコンや携帯端末が増えて収拾がつかなくなってきた。デスクトップパソコン1台とノートパソコンが2台、ガラケースマホ携帯情報端末、合計6台にもなる。ブログや仕事で使うレッツノート、リビングにはMacbook、書斎にデスクトップと画面が一体となったeMacがあり、iPhoneiPad miniガラケー。さすがに過剰だ。ガラケーは主に家族との連絡用で、iPhoneが使えなくなる事態の備えでもある。

 

 

一番使っていないのがeMacで、そろそろ役割を終えそう。Mackbookは年賀状作りや調べ物や買い物をするときなどに使う。悩ましいのがiPad miniだ。レッツノートを仕事で持ち歩いているので、外出ではiPad miniは必要ない。iPhoneが一つあれば、事足りてしまうからだ。

 

 

そこで考えついたのが、iPad miniiPhoneのバックアップにしておくこと。iPhoneを無くしたり、壊れた時の代替機の役割を果たす。メール、ブラウザのSafari、ショートメッセージ、フェイスブックツイッターメッセンジャーのアプリなどをiPad miniにも入れている。実際、iPhoneのバッテリーがあがって、一日使えなかったときに威力を発揮した。もはやガラケーは必要ないかも知れない。その気になれば、メッセンジャーの通話機能で電話代わりに使うことも可能らしい。

 

 

それと、iPad miniはネットで動画中継を見たり、電子書籍や雑誌を読むのに大きさがちょうど良い。一番不要と思われたiPad miniだが、しばらく手放せそうにない。デスクトップパソコンとガラケーを処分し、パソコン2台(Mac、windows)と、iPhoneiPad mini。情報機器はこれが最適な組み合わせになりそうだ。

 

 

 

40代でブログやってるけど今日、ネットじゃなくリアルで20代に絡まれた

 

高知に住んでる煽り系の人とか、キン肉マンガンダムみたいなアイコンの「オッさんブロガー」たちが、若手に絡まれている。「メディアクリエイター論争」みたいなものが、ここ数日繰り広げられているのを笑いながら見ていたら、自分にも意外な球が飛んできた。

 
 

都心の大型書店。女性経営コンサルタントにして公認会計士の著者セミナーでのこと。テーマはマネーセンスの磨き方みたいな話。例え今より収入が減ったとしても、豊かなお金の使い方はできる。たまには普段とは違う消費の仕方をしてみて、自分は何に価値を置いているのかを確認してみることもお薦めだそう。
 
 
 
なぜこういうセミナーに参加しているかというと、講演者と直に接するチャスだから。こう言うとアイドルのサイン会&握手会に出没するキモいおっさんみたいだ。ちゃんと説明すると、今後仕事の依頼をするかもしれない人には、事前に面識をもつようにしている。できれば質疑応答で質問した上で講演後に名刺を渡すと印象に残りやすい。「今日はお金のセミナーなのに、僕みたいなおっさんばかりで20代、30代が少ないです。こういった状況をどうみますか」といった主旨の質問をした。
 
 
 
セミナー終了後、買った本を手に著者のサインの列に並ぼうとすると、若い子に呼び止められた。さっきの質問が気になったらしい。「20代OLですけど何か?」みたいなことを言われた。「いや、あのう20代にもっと消費してもらって、経済を良くしてもらって、そしたら年金も安定するでしょ」みたいな話をした。しばらく議論というよりは、意見交換。なるほど、若い子には若い子なりの消費意欲があり、それは家とか車とかじゃないらしい。
 
 
 
話を切り上げて講師に挨拶しに行こうと思ったら、「あのう、連絡先とか教えてもらっていいですか?」とまさかの展開。そこで舞い上がるほどウブではない。ネットでいろいろやってるので見てくださいと言って、仕事用の名刺を渡しておいた。今日は早く帰らなければならないし、初対面の若い女性と個人連絡先を交換するのは、リスクが高すぎる。こういう冷静な判断が下せたのは、アルコールが一滴も入っていなかったから。パーティでのハニートラップだったら切り抜けられたかどうか・・・
 
 
 
ネット上でオッさんブロガーが若手にディスられる昨今。今時の若いのも元気あるじゃないか、と思っていた。まさかリアルで自分が絡まれるとは。いい意味で。こういう時のために名刺をもう一種類と捨てアドを作っておいた方が良さそうだ。
 
 
 
↓ こちらが今日講師をされた方の著書